読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識の倉庫の整理

ここでは今まで学んできたことや考えたことなどを整理、記録していきます

生物学的視点から考えるヒトのコミュニケーションの必要性と効果について

考え方 考え方-教訓

f:id:psoukonoseiri:20170111095350j:plain
なぜヒトというのは「コミュニケーション」を必要とするのでしょうか。

一般的に言われていることと言えば、

  • 職場の人間関係を良好するため
  • 業務を円滑に進めていくため
  • 人と良好な人間関係を築けるのは楽しいため
  • 報告、連絡、相談(ホウ、レン、ソウ)がスムーズになるため
  • 知識、経験、問題の共有のため


簡単に書くと以上のような感じでしょうか。もしくは、人それぞれ考え

ている意味は違うかもしれません。昨今の大学生の就職活動において、

企業が学生に求める能力でいつも上位になるのが、この「コミュニケー

ション能力」でもあります。


この「コミュニケーション」と言うものに関して、自分が「なるほど、

確かに言われてみればそうだな」と思える答えを見つけたので、今回は

そのことについて考えたことを書いていって見ます。

一般的にヒトが動物と違う点で考えられていること

なぜコミュニケーションということについて今回書くことにしたかとい

うと、そこに至るまでにいろいろと考え事をしていました。


自分が今後よりよく生きるために、何かヒントはないだろうか?といっ

たことを考えながら歴史上の生物について調べものをしていたときのこ

とです。


ネアンデルタール人ホモ・サピエンスは長い期間、同じ時代を生きて

いたとのことですが、資料の上では生き残ったのはホモ・サピエンス

されています。


ではなぜホモ・サピエンスの方が生き残ったのか、それはネアンデルタ

ール人よりもホモ・サピエンスの方が言語とかコミュニケーションが発

達していたのが理由のひとつではないかという資料もありました。


このことについえはっきりとした証拠というのはないようなのですが、

その点に関して調べていた所、次のような情報を見つけました。
note.chiebukuro.yahoo.co.jp

「ヒトと他の動物との最大の違い」という点について書かれているので

すが、この資料は読んでいて非常に勉強になりました。


普通に私達が考える「違い」というのは、例えば人は動物と違って

  • 考えることができる
  • 話すことができる
  • 理性がある


といったことを考えるかもしれません。引用先からも以下のような、人

間と動物の違いと考えられていること、について全て否定しています。


それは人間ではなく動物でもしている種類もあると述べています。

ヒトと他の動物のと違いに関する迷信・俗説

・ヒトだけが直立二足歩行できる

・ヒトだけが道具を作り出し、使える

・ヒトだけが火を使用できる

・ヒトだけが服を作り、それを着用することができる

・ヒトだけが理性を備えている

・ヒトだけが死の概念(抽象概念)をもっている

・ヒトだけが同種間で大量殺戮を行う

・ヒトだけが言語によるコミュニケーションができる

・ヒトだけが農耕・牧畜を行う

・ヒトだけが(繁殖を伴わない)快楽目的に性交できる

・ヒトだけが特に優れた脳を持っている


では「ヒトと他の動物との最大の違い」とは何なのでしょうか。それは

「言語中枢の発生」である、と書かれています。

言語中枢によるヒトと他の動物との最大の違い

ヒトと他の動物との最大の違いは、言語中枢があるかないかを通して、

以下の3つをその最大の違いとしています。それは

  • 概念の長期記憶補助
  • 抽象的思考の源泉
  • コミュニケーションによる情報の社会的共有


ここに言葉として書いてみると、一見してたいしたことがないように見え

るかもしれません。ですが、この点がヒトと他の動物との最大の違いであ

り、また人間という生き物をこの地球上でここまで反映させた理由でもあ

ります。


引用先の情報に、それがわかる事例としてチンパンジーを使った実験につ

いて書かれています。


この3つの中で自分が一番印象に残ったのが、「コミュニケーションによる

情報の社会的共有」です。引用先の情報でもこの点の解説に最も多くのス

ペースが使われおり、人が人とコミュニケーションができることで以下の

ような効果を得られていると書かれています。

ヒトはある者が新しい知識・知恵・工夫やノウハウ・技能を獲得したり、

発明が行われた場合に、それを経験したことがない者に対しても言語コミ

ュニケーションによってその内容を伝え、他の動物のように初めからやり

直すことなく、次の段階から出発することができるのです

後天的学習情報の社会的蓄積・共有・継承システム

引用先のチンバンジーの実験から、動物同士では新しいことを発見しても

「その伝達手段がない」ため情報共有が出来ないことがわかりました。


それはつまり、様々なことに対して「一から始めないといけない」、その

生物の「体験を通してしか新しい発見ができない」ということです。


逆に人間は、自分が経験しなくても他の人間が経験したことを言語を通し

て擬似的にではありますが、他の人間が得た情報を自分も得ることができ

るのです。そのことの効果について引用先の情報では次のように書かれて

います。

note.chiebukuro.yahoo.co.jp

言語機能による知恵や技術など後天的学習情報の社会的蓄積・共有・

継承システムは、それ自体が素晴らしい発明だといっても良く、生物

史上空前と言えるほど強力な生殺与奪権を持つことにつながり、


今日の豊かな生活をもたらした科学技術発展の源泉であり、人類によ

る科学的発明はすべてこの言語機能に集約されるといって過言であり

ません。

人間として生きるメリットは「つよくてニューゲーム」ができること

以上のようにヒトと動物の最大の違いは大きく3つあるとされていますが、

その中でも「コミュニケーションによる情報の社会的共有」が重要であり

、それは「後天的学習情報の社会的蓄積・共有・継承システム」とも書か

れています。


これを自分なりに、今の時代のゲーム風に表現すると「つよくてニューゲ

ーム」ができるということでしょう。

強くてニューゲーム - Wikipedia

ロールプレイングゲームなどの、本来はひとたびシナリオが進展した

ら初めからやり直さない限り前のシナリオをやり直せないゲームにお

いて、


ゲームをクリアすれば、クリア時点でのセーブデータの情報(キャラ

クターのレベルや所持アイテムなど)を引き継いで新たに初めからゲ

ームを遊ぶ(ニューゲームを始める)ことができるようになるシステム。


「強くてニューゲーム」という名前の初出は『クロノ・トリガー


通常のロールプレイングゲームでは、一番初めの主人公のレベルは「1」か

らであり、所持品も限られたものしかなく、非常に弱い状態といえます。


そのゲームをクリアしたとしても、クリアした状態で最初から始められる

わけでもなく、通常はそこで終わってしまうのです。


ですが、『クロノ・トリガー』というRPGは一度クリアした状態を維持しな

がら最初の町からゲームを始めることができます。


ですので、一度クリアした非常に強い状態であれば、一番最初の町の周辺の

敵などは簡単に倒すこともできますし、ゲームを始めた頃は弱かったため

に行けなかった所にも簡単に行くことができます。


動物と違う人間の強みをゲーム風に例えるなら以上のような感じになるかな

と思いました。


逆に言えば、この「人間の強み」を生かさないということは、他の動物と同

じように全てにおいて「初めから始めなければいけない」ということになり

ます。


それはつまり、よりよく生きるという観点からは非常に不利になると言える

かもしれません。