読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識の倉庫の整理

ここでは今まで学んできたことや考えたことなどを整理、記録していきます

TACの2016年度中小企業診断士2次公開模試を受けて気づいた点と今後の課題

先日の9月4日にTACの2016年度中小企業診断士2次公開模試を受けてきました。


実は以下の過去記事において模試は2015年度の5月に受けており、今回はこれで

2回目になります。

以前受けた模試から約1年と4ヶ月程が経ちます。


今回は10月の本試験に向けて受けたTACの中小企業診断士2次公開模試について、

自分の気づいた点と今後の課題を書いていきます。

模試を受ける直前までにしてきたこと

9月4日に模試があったのですが、この日までの1ヶ月程の間に各事例ごとの問題

の答えを切り口を基にして過去9年分ほどをまとめていました。


というのも参考となるサイトや参考書において「横串」などという言葉で事例Ⅰ

であれば事例Ⅰだけで過去複数年分を見比べると気づけることがある、というの

を何度か見ていて頭の片隅に残っていたからです。


そのため、事例Ⅰ・Ⅱ・Ⅲで過去9年分の切り口を基にした簡易的な一覧表みた

いなものを作って何度も読み込んでいました。


なるほど、確かにつくってみるものだなぁと思いました。完全に理解したわけ

ではありませんが、9年分も一つの事例を見比べると「なんらかの共通点」みた

いなものは見えてきた気がします。


模試を受ける直前までは上記のようなことをしていました。

模試を受けた後の手応えと模範解答と見比べてみて感じたこと

今回の模試を受ける目的は、自分の中では

  • 今後の課題を見つけること
  • 今までの積み重ねてきたものがどれぐらいのものになっているか試すこと
  • 実際の本試験をイメージして、同じような状況を経験しておくこと

といったことにしました。


当日の模試を受け終わって感じたことは、自分が予想していたよりも「かなり

書くことができた」という感覚があります。


いろんな所で言われていることなのですが、「資格学校における中小企業診断

士の2次試験の模試の模範解答」というのは多くの人が「違和感」を感じてい

るようです。


実際に自分も受けてみて同じような感覚を持っています。2015年の5月に受け

た模試では、自分が書いた解答と模範解答があまりにも違っていて、とても答

え合わせをする気になれませんでした。


今当時のことを振り返ると、あの時はまだ2次試験の勉強をまともにしておらず

、自分の実力が全然なかったからだろうとも思ったのですが、今回受けた模試

のことを考えてもやはり実際の本試験とは基準が違うようですね。


ですから、自分が書いた解答と模範解答が合っているかどうかというのは、最

初からあまり意識しないようにしました。


ですが、やはり今回は「ある程度書けた」という感覚があったので、前回と違

い全く合っていないということはなかったです。


他の多くの人も感じているように「違和感」がある答えもあるのですが、「あ

ぁなるほど、確かにもう少し問題文を読んでおくべきだったかな」という部分

もあり、それ程悪い感覚はなかったです。

2015年の2次試験に落ちた理由

なぜ2015年度の2次試験に落ちたのか?それは今回の模試を受けて思ったのは、

わかりやすく言うと「お決まりのパターン」に気づいていなかった、理解して

いなかったからではないか、と思いました。


試験にそういったものがあると理解したうえで試験を受けるというのはやはり

今までと違う感覚があります。例えば


「あぁ、ここはこのパターンだな」

「この問題はターゲット選定のことを聞いているんだな」

「全体や他の設問文との関連から考えると、ここはこういったことが聞かれる

はずだな」

「設問1は問題点の指摘で、設問2はその対応策を答えさせようとしてるんだな」

ということに気づけるようになりました。


事例Ⅰ・Ⅱ・Ⅲは自分の中ではもうある程度は事例ごとに求められていること

がわかってきたような気がします。


自分の中で見つけた課題は「事例Ⅳの財務・会計」です。

模試で見つけた今後の課題としての「財務・会計」

模試での事例Ⅳの財務・会計は正直いってできませんでした。何を聞かれてい

るのか、全体の大まかな流れはわかるのですが、個々の細かい計算ができない

のです。


「こういった条件の場合、固変分解はどうやるのか、その後の計算はどうやる

のか」

「各年度のごとのNPVを計算するためのCFはどうやって算出するのか」

といった感じです。


ひとつ良かった点は「経営分析」の問題です。どの年度でも最初に出題される

「経営分析」の問題は、与件文から何を答えればいいかだいたい見当がつくよ

うになりました。


そのため、その後に出てくる問題さえできればなんとかなるのではないか、と

いう感覚まで持てるようになってきました。


事例Ⅳにおける大門2と大門3をいかにしてできるようにするか、本試験までの

約1.5ヶ月間は、この部分に焦点を当てて勉強する必要があるという点に気づけ

たのは、今回の模試での収穫です。

今後の更新

最近は本試験が近づいてきたので更新が滞っていましたが、10月下旬にある本

試験まではあまり更新はできそうにありません。


ある程度落ち着くようになってから、またブログを更新していきたいと思います。