読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識の倉庫の整理

ここでは今まで学んできたことや考えたことなどを整理、記録していきます

エクサスケールコンピュータ「睡蓮」と前特異点による新しい社会インフラ

新技術 新技術-エクサスケール

f:id:psoukonoseiri:20151126123548j:plain
今回は前回の記事の続きからです。

psoukonoseiri.hatenablog.com

特異点と技術的特異点

タイトルの特異点とは2030年前後のことを指しています。

ちなみに技術的特異点(シンギュラリティー)※1というものがあり、これが2045年

前後を指しています。

技術的特異点(シンギュラリティー)とレイ・カーツワイル

この技術的特異点という概念について2005年に『The Singularity Is Near: When

Humans Transcend Biology』という著書を通して説明したのがアメリカの「レイ・

カーツワイル※2」という人物です。


わかりやすく言うと人工知能を研究しているすごい人ですね。この人物が発表した

技術的特異点とは、現在パソコンの性能は非常に早いスピードで進化していますが、

人工知能も同様であり、その人工知能が人類の知能を越えるのが2045年頃になるだ

ろうという言葉です。


AI(Artificial Intelligence ;人工知能)なんて言われたりもしています。前特異

点とは技術的特異点の前段階、本書ではエクサスケールコンピューティングの実現で

技術的特異点の前に前特異点が生まれるとあります。

エクサスケールコンピュータができると何が起こるのか

2020年までにエクサFLOPSの処理が実現できるスパコン(スーパーコンピュータ)が

できあがって、2030年までにそれを使った様々な実験や試みが行われると予想されて

います。さらにその実験や試みが2030年以降に大きく花開くとのこと。


ではそれが具体的にどういったものなのかいくつか紹介してみたいと思います。

2040年には商用の核融合発電の可能性も

自分が注目すべき点だと思っているのは第3章の「エネルギーがフリーになる」で、

そのフリーになったエネルギーで、第4章にかけて「生活のために働く必要のない社会

の出現」とあります。その第1項に「『衣』『食』『住』がフリーになる」とあります。


自分の中での要約ですが、睡蓮の実現によって、そのエネルギーを発生させるための

「最適解」の計算が短期間ですることが可能になります。例えば構造シミュレーショ

ンであるとか、耐久性であるとか、必要な材料など、あらゆることが今までの何倍も

の速さでシミュレーションできるということです。


核融合発電※3は今まであれば今世紀の実用化は難しいのではないか、と一般的には言わ

れていましたが、睡蓮の完成によって2040年には商用の核融合発電の目標が立てられ

ているとのこと。

レーザー核融合発電

レーザー核融合発電という分野もありますが、これも将来的には1つの集合住宅に1つ

設置するというもの可能になり得るとのことです。それらが実現されるとどのように

なるのか。

植物工場による食料の無料化

電気代、輸送代がフリーになります。現在、先端的な技術の分野で進められている

「植物工場」があります。睡蓮の実現によってエネルギーがフリーになる。


それによって電気代、輸送代がフリーになる。そうなると植物工場を稼動させるため

の動力もフリーになり結果として多くの人々の食料が今後無料になっていくだろうと

いう流れです。


他にも睡蓮によって実現できる技術や社会インフラがたくさん書かれています。まだ

実感はわきませんが、本当にそれらのことが実現するようになっていったらこれほど

嬉しいことはないですね。

長時間労働からの解放

今までであれば、生活のために多少無理をしてでも仕事をしなければいけませんでし

た。会社の人間関係の問題や長時間労働もそれが当たり前だと思っている人が多いで

しょう。


しかし、それほど遠くない未来にそれらの問題が解放されるのであれば、これほど嬉

しいことはありません。本書に書かれているような世界を切に願うばかりです。

自分の考察

エクサスケールコンピュータは、時間の流れを早める

これらに対する自分の考察なのですが、次世代コンピュータによって今までよりもよ

り短時間でより多くのシミュレーションができるようになります。これが何を意味す

るのか?自分の考えでは「時間の流れを早める」ことにつながると思います。


例えば、本書では現生人類が生まれたのが約25万年前であり、その後約24万年間は同

じような生活をしていたようです。それまでの間に、一人の人間の寿命が仮に25歳だ

ったとして約1万世代の誕生があったとします。


その24万年間という現実の時間のシミュレーションがあったからこそ農業革命が起こ

せたと考えられます。その約24万年に及ぶシミュレーションがコンピュータという仮

想空間の中で仮に1日でできてしまうようになったと考えたらどうでしょうか?


さらにそれを100日間行ったとしたら「2400万年間の時間を進めた」と言えるのでは

ないでしょうか。

時間も指数関数的に進んでいく

そのように考えることができれば今後私たちが生きているこの時間の時計の針が進め

ば進むほど、私たちの時間も指数関数的に進んでいくと考えられないでしょうか。


つまり何もしなければあっという間に時代遅れになってしまうと思われます。このこ

とは、おそらくいろんな分野に影響してくるでしょう。


例えば経済やビジネスにおいて第3次産業の割合が増加したり、海外への工場移転、

アウトソーシング、それによって貧富の格差もますます早まってしまうのではない

かと危惧しています。

今後世界は分岐していく

ときどきスピリチュアルに関する本を読んだりして、その中に「今後世界は分岐し

ていく」という文章を見たりするのですが、まさにそのような現象が今後起こって

くるのではないかと思っています。


であるならば、なるべく良い方の道へいけるように早めに準備、行動をしていった

ほうが良いでしょう。


別の視点で見ると、そのような概念を持つ人や、最新のソフトや機械が使える人は

「自分の時間を他の人よりも早く進めることができる」とも言えるのではないかと

考えを巡らせたりもします。


となれば、そのような人はどんどん先に進んでしまい、最終的には追いつけなくな

るという事態にもなるかもしれません。また別の見方をすれば自分の隣の人間は既

に「1億年生きた人」と言えるような日が来るかもしれません。

1億年分のシミュレーション

実際に1億年生きたわけではなくその人は最新の機械を使いこなせることによって、

他の人にはできない「1億年分のシミュレーション」をすることができ、知識的に

1億歳に相当すると言える、と判断される日が来るかもしれない。


以上が「エクサスケールの衝撃」という本を読んで自分が感じたことです。


要は、今我々が夢に描いてたようなことは意外に早く訪れるだろうから、そのため

の準備をした方がいいのではないかなということです。


こういったことは、また随時ブログに書いていこうと思います。

今回の記事の用語の意味

※1技術的特異点(シンギュラリティー)

技術的特異点というと「コンピューターの知性が人間を超えること」とする報道が一部メディアで見られるが、カーツワイルが想定する2045年には、コンピューターの知性が人間を超える時期を2020年代と予想している。ちなみにカーツワイルが想定する2045年の世界のシナリオはわかりやすくいうと「1000ドルのコンピューターの演算能力がおよそ10PFLOPSの人間の脳の100億倍にもなり、技術的特異点に至る知能の土台が十分に生まれているだろう」というもの。必ずしもコンピューター1台が人間一人あるいは人類全体の知能(100億人分の知能)を超えた瞬間に直ちに激変が起きるというわけではない

※2レイ・カーツワイル

(Ray Kurzweil, 1948年2月12日 - )はアメリカ合衆国の発明家、実業家、フューチャリスト人工知能研究の世界的権威であり、特に技術的特異点(technological singularity)に関する著述で知られる。代表的な発明にオムニ・フォント式OCRソフトフラットベッド・スキャナーKurzweilブランドのシンセサイザー「K250」文章音声読み上げマシーン(カーツワイル朗読機)などがある。

※3 核融合発電

核融合発電に使われる核融合炉は、現在開発中の原子炉の一種で、原子核融合反応を利用したもの。21世紀後半における実用化が期待される未来技術の1つ100万kW発電所の1年間の燃料で比較すると石油火力発電で年間130万トン原子力発電ではウラン235年間1トン 弱核融合は発熱量が多いので、さらに少なくて、重水素トリチウムの合計が160kgで済むと言われている。いいかえれば、1日に500g弱の燃料があれば、100万kWの発電所を運転できるということ。重水素三重水素の燃料1gで石油8トンに相当するエネルギーを発生させることができる。原子力発電や火力発電に比べれば非常に少ない燃料で莫大なエネルギーを生み出すことが出来るが、効率の面でまだまだ課題がある

※4レーザー核融合発電

非常に高い出力のレーザーの光を用いた核融合のこと。0.6gの重水素核融合反応から得られるエネルギーは、5000Lの石油を燃焼して得られるエネルギーに相当する。しかし電力への変換効率という点でまだまだ課題がある。日本国内におけるこの分野の研究では、光産業創成大学院大学浜松ホトニクストヨタ自動車などが有名。