読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識の倉庫の整理

ここでは今まで学んできたことや考えたことなどを整理、記録していきます

なぜ企業は海外に工場を移転するんだろうか?

前回は「企業側はこういうことをせざるを得ない」何かがあるのではないか?

ということを書きました。

 

以下が前回の記事になります。


 ここまでの思考にたどり着くのに結構時間がかかったかと思います。

それ以前は企業側の立場になって考えるなんて思考がありませんでした。

 

「企業側がこういうことをせざるを得ない」何か、について書くために

ここまでの思考の道筋をちょっと書いていきたいと思います。

 

大学時代は新聞配達をしていたので毎日、新聞を見る機会がありました。

それまでは新聞を読む週間なんてなかったので、自分がいかに無知か

日々自覚していくようになりました。

 

ある日新聞に、「企業が海外へ工場を移転」という記事を見て、

「企業が海外に工場を移転するものなんだ」と驚いた記憶があります。

その時の無知な自分には、企業が「外国に工場を建てる」という概念が

ありませんでした。

 

自分にとっては、今までにない出来事だったのでただ驚くばかりでした。

日々いろんなニュースに触れるうちに自分の中でも、ふとある疑問が浮かんでくるよ

うになりました。

 

「なぜ企業は海外に工場を移転するんだろうか?」

 

ある日、また新聞を読んでいると記事の中に

「安い中国の労働力を利用し・・・」などの文面がありました。

「へー、外国と日本とではこんなに賃金の差があるのかぁ」

 

今はかなり日本と中国との賃金格差は縮まったと思いますが、以前は10倍以上の

格差があることを知り、ただ驚くばかりでした。

 

中国だけではなく、マレーシアやベトナムなどの東南アジア諸国も賃金が日本と

比べて安いと言われています。

 

今でこそ企業が工場を移転する理由がある程度はわかってきましたが、当時の自分に

とってはいろいろな情報が疑問の対象だったわけです。

 

 続きはまた次回に

 

 

以下が続きの記事になります。

 

あわせて読みたい