読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識の倉庫の整理

ここでは今まで学んできたことや考えたことなどを整理、記録していきます

なぜサービス残業、長時間労働が発生するのか

この件は長い間問題になっています。昨今うつ病の患者が増加している、とか

有給休暇が取れないとか、終電までいつも仕事をしていた、という話をよく耳に

していました。

 

自分もご多分に漏れず、このサービス残業、長時間労働は経験してきました。

一番最初に就職した企業は外食産業の会社だったんですが、それはもうすごかった

です。

 

本当に何もしない時間がない。それにプラスして明らかに追いつかない仕事量。

一番ひどいときは午後8時に仕事に入って、閉店が午後3時ごろ、店内の掃除や後片

付け、事務処理等で午前6時ごろ終わります。

 

さらに近くの漫画喫茶で4時間ほど仮眠して10時に店舗に出勤。

開店準備をして11時に開店。

 

しかもに店内にいる時間全てが勤務時間には含まれているわけではありません。

これが連続で続いたときはもうさすがに身体的、精神的にダメージが大きくなって

きて「これがブラック企業なのか・・」と強く実感するようになりました。

 

あまりにも激務だったので、この会社にいられたのは約1年ほどだけでした。

それからしばらくして、いろんなところで

「長時間労働」

「サービス残業」

という言葉を目にするようになります。

 

社会人になる前はそういうのはごく一部の企業だけで自分には関係ない、

という本当に頭がお花畑の思考回路でした。

 

しかし自分も経験したように、自分の周りの人の話からも誰にも起こりうることな

んだ、とわかりました。

 

一般的に企業側が労働者を酷使して、ひどい時には、鬱病、ケガ、パワハラまでして

追い込んで、会社側ではなく、自己都合で辞めさせると考えられていると思います。

 

そもそもなぜこんな問題が発生し続けるのか?

これを次の記事で書いていきたいと思います

 

 

以下が続きの記事になります。

 

あわせて読みたい