『異端者の時代―現代経営考』から考える川上から川下までのビジネスプロセスの再構築という発想について

最近は大前研一さんの『異端者の時代―現代経営考』という本を読んでいました。この本は1994年頃出版されたもので、1994年というと日本においてバブル崩壊が起こってしばらく経っているという状況です。 そのような状況での出版なので、バブル崩壊による日本企業の問題点がいくつも挙げられています。 この頃から著者の大前…