読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識の倉庫の整理

ここでは今まで学んできたことや考えたことなどを整理、記録していきます

経理として7社働いてきて感じる必要な職業的な智恵とは

経理以外の職業も含めると、今働いている会社で8社目の経験となります。新卒で一番最初の会社に入る前は、まさか自分がこの年齢で8社も経験することになるなんて露ほども考えたことはありませんでした。 えぇ、本当に露ほども考えたことはありませんでした。…

外国人労働者の雇用は技術の進歩を遅らせ生産性向上に繋がらず外資の下請になる可能性もある

飲食店やコンビニなどに行くと、いつも外国人の方を目にします。その人は中国人や韓国人、ベトナム人など様々ですが、最近聞くようになった話ではなく、10年以上前からそれは感じていました。 昨今よくニュースで報道されている「人手不足」が問題の背景にあ…

今後の社会において、なぜテレワークが必要になるのか━働き方改革という発想

「あぁ!なんとか毎日の満員電車に乗らずに会社に行かないで嫌な上司とも空間を共有せずに自宅でできる仕事がないものか!」 と、多くの人が考えたことがあるのではないでしょうか?かくいう自分も正社員、派遣社員として今日まで働いてきましたが、「なんと…

現場の激務は結果として広告費や採用費をどぶに捨て続けることになり、さらに負のスパイラルになっていく

「人が増えない・・・」 企業で採用を担当している方であれば、皆良い人材を採用しなければと考えていらっしゃると思います。それと同時により多くの良い人材を採用するということも考えていらっしゃると思います。 しかし良い人材を採用し、さらに多くの人…

経理業務に「コンカレントエンジニアリング」の考え方を適用するという発想について

最近からというわけではないですが、工場での効率性や生産性以外に本社の側でもいかに効率よく生産性があげられるかどうかということがニュースなどで取り上げられるようになる時代になってきました。 長時間労働や働きやすさ、もっと言えば現在の日本社会の…

とある外食企業の経理業務事情━低生産性から高生産性への要請について

以下の過去記事でも書きましたが、現在はとある外食企業で派遣社員として働いています。 psoukonoseiri.hatenablog.com今までは外食産業というのは、自分は現場で働いていた経験があったので、本社の方も男性ばかりで体育会系的で非常に厳しい所といったイメ…

プログラミングの「おもしろさ」とはこういうことなのだろうか?と思ったこと

現在は今の職場で経理の派遣社員として働き始めてからある程度慣れてきました。通常は経理として働いていると、月の中旬頃、月末より少し前というのは、あまり仕事がありません。 そういった時は、今までの職場であればファイリングとか何か雑用的な仕事をし…

構造調整を進められない日本の企業からは脱出して、個人として自立した方がいいという考え方

今回は以下の前回の過去記事の続きです。 psoukonoseiri.hatenablog.com前回は、日本の中高年の世代と主要産業が「一蓮托生」的な関係にあるため、企業に対して解雇規制の撤廃や同一労働同一賃金の政策はなかなか進まないだろうということを書きました。 確…

解雇規制の撤廃が困難な理由は日本の主要な産業に大きなダメージを与えるかもしれないから

以前からこのことについては考えていました。昨今日本のニュースでもよく話題にあげられる「同一労働同一賃金」「解雇規制の撤廃」などがあります。 10年以上前から「ホワイトカラーエグゼプション」なることについてもなかなか進んでいないようです。 どう…

飲食業の本社の側で派遣社員の経理として働いてみて気づいたこと

今は派遣社員として飲食業の経理として働いていますが、なるほど、現場の側とは反対に本部の側はこうなっていたのか、といろいろと気づくようになりました。 昨今外食産業というのはブラック企業の代名詞としてあまり良いイメージが持たれていない業界です。…

ITやメーカーの大企業で経理として働くには英語や国際取引、日商簿記1級などの知識が必要

これまで正社員、派遣社員の経理として何社か働いてきました。その中で気づいたのは「ITやメーカーの大企業で経理として働くには英語や国際取引、日商簿記1級などの知識が必要」であるということです。 ちょっと考えればわかるかもしれないのですが、実際に…

派遣社員として働くことのメリット━「逃げることができる」ということ

今の社会は多くの人が悩みを抱えています。それは上司との関係であったり、長時間労働であったり、家族との関係であったりと、人の悩みというのは尽きないものです。 以前の自分は街の中の歩いている人々を見ていると、とても楽しそうというか自分だけが不幸…

紙の精算書からx-pointのワークフローに変わって思う経費精算の機械化と働き方の変化

ここまで何社かの企業で経理として働いてきましたが、経理の仕事は基本的な部分では共通しています。ですが、エクセルで集計するのか、それとも会計ソフトを使って集計するのか。 紙を使って精算するのか、それとも専用のシステムを使って精算するのか。 手…

派遣社員として働きながら資格試験に挑戦するうえで大変だったこと

今回は以下の過去記事の続きです。 psoukonoseiri.hatenablog.com試験が終わり、仕事も一段落ついたので今はだいぶ落ち着いています。今みたいな状態だからですが「諦めずによくここまでやってこれたなぁ」としみじみ感じられます。 試験前は必死で、過去に…

派遣社員でも経理として財団法人で働けたということと、そこで得た気づきについて

「やっと終わった・・・。」ここ数ヶ月はとある財団法人で派遣社員として働いており、10月末で契約が満了しました。この数ヶ月という非常に暑い時期に、片道2時間かかる通勤は非常にきつかったです・・・。 ですから、この時間帯に記事を書くことができてい…

正社員という働き方は「定額制」という見方━アズアサービスモデル

以前ツイッターで以下のようなツイートを発見して、リツイートしました。なかなか言葉にしづらいが、正社員の欠点てこれだと思う https://t.co/WCNsBk5kPL— psoukonoseiri (@psoukonoseiri) 2016年10月15日リツイート先の内容は先生「毎月定額料払えば使い放…

外資含む約8万社の派遣会社と、派遣会社ごとの得意分野について

なぜ今回「外資含む約8万社の派遣会社と、派遣会社ごとの得意分野について」というタイトルの記事にしたかというと、最近次の仕事先を探すために派遣会社で応募を始めたからです。 それで、自分の希望する仕事先ってもっとないのかなと調べてみると、派遣会…

派遣契約と休業補償 - 一度契約したら簡単には中途解除できません

今回の記事のタイトルは「派遣契約と休業補償 - 一度契約したら簡単には中途解除できない」です。 どんな契約や仕事でもそうですが、一度契約したら、その契約を解除するということは難しいです。当たり前といえば当たり前なのですが。 今回はそのことにつ…

外資系企業に派遣社員の経理として入ってわかったメリットとデメリット

今の企業に経理の派遣として入って、約1ヶ月が経ちますが、あまりのスピード感と量に圧倒されて、2週間で後任を探してもらうようお願いしてしまいました。 そもそも、仕事先がまさか「外資系企業」だとは思っていなかったので、勉強や精神的な心構えの準備…

弥生会計、勘定奉行、JDEなどの会計ソフトの操作性の違いについて

何の因果か、普通の日本企業かと思って入った企業が実は外資系企業だったという記事を書きました。psoukonoseiri.hatenablog.comもう2016年の4月も終わろうとしていますが、よく辞めずにここまで過ごせたなというのが今のところの感想です。 今日で今の…

「その案件は外資系の企業ですか?」━派遣社員が仕事先を選ぶ時の注意点

最近はなかなか更新できなかったのですが、その理由は4月から新しく仕事先が決まり、そこでの引継ぎなどがあって慌しかったためです。 以前は以下の過去記事で5社目の勤め先が短期間で契約したといったことを書きました。 psoukonoseiri.hatenablog.com2月末…

派遣社員が確定申告をやってみて還付金を受けられた件について

先日はとある事情により税務署に行き確定申告をしてきました。確定申告の準備をするために参考にさせていただいたのが、以下のこやぷよ(@coyapuyo)さんの記事です。www.coyapuyo.com 非常に分かりやすく書かれており、最初読んだときは「そんなに簡単にで…

日々の企業活動における債権回収の重要性と『ビジネス実務法務』の必要性

今回もとある企業の事例から勉強になったことがあったので書いていってみます。その勉強になったことというのは「債権回収」についてです。 債権回収というと、「なんだかよくわからない」「地味すぎる」といったイメージがあるかと思います。自分も経理をや…

どんなに良い技術、良い人間がいても資金繰りが悪いと企業経営は悪化する━役員報酬について

最近とある事例を知って、資金繰りや役員報酬について書いてみようかと思いました。 経理や資金繰りの重要性 外部環境の悪化 内部環境の悪さ 役員報酬とは なぜ「役員報酬」について取り上げたのか 子会社が多いとその分役員も多くなる 問題はいくつもあるだ…

なぜ英語の勉強をする必要があるのか(経理編)

英語の必要性は、外国企業からの請求書の内容や金額の理解、為替換算の概念の必要性から理解できるようになりました。また、転職活動で英文経理という仕事もあることを知り、経理、法務、購買に限らず、英語の勉強は自分の選択肢を増やしていけることだと感…

ユニクロなどの幻想を見させ続けるブラック企業とキャリアの分断

前回の記事で「元銀行員のFinTechブログ。」さんの記事を取り上げましたが今回も取り上げたい内容があったので書いてみます。 ユニクロの現実━頑張れば本当に報われるのか? ユニクロは本社と現場のキャリアが完全に分断 キャリアの分断というものに対する考…

経理の正社員で働いてきて感じた派遣社員のメリットとデメリット

当初は資格試験の勉強時間を確保するために派遣社員という働き方を選んで、実際に働いてみましたが、「意外にいいな」というのが率直な感想です。 自分の人生の中でいろいろと選択肢を増やす、といううえでは非常に良い経験をさせてもらえたと思います。 日…

派遣社員として働く場合の成功ルールとリスク管理について

最近このブログの「男性正社員の平均時給1646.97円━(民間給与実態統計調査平成25年分)」という記事のアクセス数が急速に増加していることに気づきました。 「あぁ、みんないろいろと大変なんだな」ということがなんとなくわかります。他にもこのブログの派…

新卒での民間職業紹介会社の利用と、その先で入った外食産業の会社から学んだ教訓

ある二つの選択肢があった時、人は自分にとって良いと思うほうを選ぶものです。その結果がどうなるかまでを考える人は少ないですが。このことについて思ったことがあるので書いていってみます。 地獄への道は善意で敷き詰められている 大学時代の教訓 教訓 …

女性正社員の平均時給1545.36円━(民間給与実態統計調査平成25年分)

前回の記事では男性の正社員の平均時給は現実的な視点から見ると実際どれくらいなのか、というのを調べてみました。 男性ときたら今度は女性の正社員はどれくらいになるのか気になります。 インターネット上で「女性 正社員 平均年収」とか「女性 正社員 平…

男性正社員の平均時給1646.97円━(民間給与実態統計調査平成25年分)

今回は「男性」の「正社員」の「平均時給」はどれくらいかについて書いていきます。前回は派遣社員を経験するようになってから「時給」について意識するようになったという記事を書きました。それがきっかけで、今回の記事名について考えるようになりました…

この1年派遣社員をやって気づいたこと━時給換算という考え方

この記事の2つ前の記事では資格試験のために派遣社員をしていたという内容がありました。その経験から気づいたことがいくつかありますが、その中で「時給」というものがあります。 派遣の平均時給 時給というものに対する概念 正社員の平均年収のここ数十年…

freeeやトレードシフトなどによって将来の経理業務はどうなるか

前回は新たな技術の発展によって良い面、悪い面があるといったことを書きました。今回は現在進んでいる技術革新の現実的な問題として、自分が感じていること、今でも起こっていることを書いていこうかと思います。 技術革新によって人間の仕事はなくなってい…

なぜサービス残業、長時間労働が発生するのか

この件は長い間問題になっています。昨今うつ病の患者が増加している、とか 有給休暇が取れないとか、終電までいつも仕事をしていた、という話をよく耳に していました。 自分もご多分に漏れず、このサービス残業、長時間労働は経験してきました。 一番最初…